使ってみました!使用した感想を書きます。

ボディセンス,口コミ,効果,評判

 

ボディセンスはご存じ女性にモテるために作られたメンズ香水。

 

禁断のパワーツール”、“悪用厳禁”なんてこともいわれています。ほんとならすごいネーミングですよね。

 

でも実際人気もありますし売れていますよね。発売以来、着実に愛用者が増えているみたいです。

 

もちろん皆さんすぐに信じて適当に買っておられるわけではないでしょうし。

 

ちゃんと調べて購入に値する根拠があると認めた上で購入されているんでしょう。

 

口コミやSNSなども色々見てみると、いい結果を得られたという報告をされている男性も多いですしね。

 

もちろん否定的な意見もありますね。

 

でも前提としてすべての男性がモテるようになるなんてことはないと思います。

 

やっぱり百発百中のものなんてこの世にはありませんから。

 

気になるのは、自分にとってどうなのか?ということですよね。自分は使ったらモテるのか、って話です。

 

でもこればっかりは実際使ってみないと分かりません。

 

 

 

練り香水ボディセンスはどんな匂い?特徴は?

 

使ってみた

 

ボディセンス、僕も気になって買ってみました。

 

白い固形ワックスというか固めのクリーム状といいますか、そんな形状ですね。

 

で指にとって使うという感じです。

 

香りは結構控えめではないでしょうか。

 

匂いの種類は爽やかさとセクシーさの両方があるという印象ですね。

 

練り香水というのはこのボディセンスが初めてだったのですが、使いやすいですね。

 

スプレータイプの香水の場合、付けすぎることがすごく気になるんですよね。

 

体臭が臭いのは嫌だし、上手に香水を使って男としてかっこいい匂いを身に付けたいんだけど、その加減が難しかったりするんですよね。

 

香りが強すぎるのは女性からはほぼ確実にNGで嫌われるというのは知っているので。

 

さりげなく香らせたいですよね。

 

その点この練り香水というは使い勝手ばっちりです。

 

 

モテるメンズ香水、ボディセンスって効果あり?なし?嘘?

 

ボディセンス嘘

 

実際女性ウケはいいと思います。

 

つけないより付けた方がモテると思います。

 

でもボディセンスが嘘か本当かなんて僕にはわかりません。

 

根拠あるの?とか信憑性とかどうなの??って思いますよね、普通。
そう感じている人がいるみたいですし、疑うのは当然でしょう。

 

僕もどちらかというと疑い深い慎重派の性格です。半信半疑で買った、みたいなところもあるので。

 

でも何でこのボディセンスを買ったのかというと、モテたいというのはもちろん、面白そうだな…と思ったからなんですね。
実際効果はどうなのかを自分で試してみたかったんです。

 

このボディセンスをつけてあなたがモテるかどうかも僕にはわからないですしね。

 

多分全員がモテるなんてことはないんでしょう。

 

というか女性にモテるようになるというより、その人の性的な魅力が引き出されるという発想の香水なんですよね。

 

その辺りの事をちょっと解説してみますね。

 

 

93%の女性が「魅力的ないい匂い」と回答

 

93%の効果

 

まず美容の女性専門家100人が集まり商品を厳しくチェックする華麗なイベント「美の祭典」で93%の女性が「魅力的ないい匂い」と回答されたんだそう。

 

実際に多数の女性に調査の結果『男性的な魅力を感じるいい匂い』と感じているというデータがあるみたいです。

 

買うと最初に取扱い解説書が付いているので、ボディセンスがどんなものであるかをご紹介しますね。

 

ボディセンスの特徴と成分

 

特徴と成分

 

最初の購入時に同封されていた解説書を開いてみると、こんなことが書いてありました。

 

異性からの誘引が始まる!センスフィール?

 

まず『異性からの誘引が始まる!』って書いてあります。

 

でどういうことかというと、よくフェロモン香水とかありますよね。天然とか人工とか、そういう性的フェロモン成分が配合されている香水です。

 

ですがこのボディセンスはそういった成分を付けるのではなくて、人工でも天然でもないその人の性フェロモンを増幅させる『センスフィール』という成分を配合した独自の発想のメンズ香水なんですね。

 

こちらの解説書によると、性フェロモンの産生促進率が158%アップとあります。

 

普通の香水のように、手首や首筋、耳の後ろなどに塗るだけなので簡単ですよね。

 

男の魅力を引き上げる性フェロモン?アンドロスタジエノン?

 

アンドロスタジエノン。

 

この言葉もなんだか聞きなれない名前ですよね。

 

僕も初耳でした。

 

でもこのボディセンスの特徴を語る上で欠かせないキーワードの一つとなっています。

 

このアンドロスタジエノンは、男性の汗や唾液、血液などに含まれている男性フェロモン。

 

男性みんなが持っている性フェロモンで、女性は無意識のうちに嗅覚からそれを感知しているそう。でも上手く発揮されていない男性が多いそうです。

 

ボディセンスを継続的に愛用することで、このアンドロスタジエノンをより広範囲に引き出し、発散することができるという構造なんですね。

 

ボディセンスの成分

 

ボディセンス全成分

 

ボディセンスの全成分が公開されています。

 

全成分の名称については割愛しますが、気になる人は写真を拡大してご確認ください。

 

その中で中心となる主な成分はこちらになります。

  • コレウスホルスコリ根エキス
  • チャ葉エキス
  • プロパンジオール
  • ラノリン
  • ミツロウ

そしてボディセンスを鍵となる『センスフィール』は、このコレウスホルスコリ根エキス、チャ葉エキス、プロパンジオールで構成されている成分と書かれています。

 

 

ボディセンスの使い方

 

使い方

 

手首や首筋に塗るだけと書いてありますね。

 

出来れば毎日がいいようです。継続して使用することによってより効果が期待できるということでしょうね。

 

香りは下から上に行くので、膝や内もも、足首などの下半身に付けるものいいみたいです。

 

僕も耳の後ろや周り、首筋を中心に付けています。体臭が気になる部分ですね。耳の後ろとか汗をかいたりすると臭いので助かっています。

 

あと気合いが入っている時は胸のあたりとかも塗ります。

 

少々多めに付けても自然に香るので、付け過ぎるという心配もあまりないと思います。

 

使用上の注意

 

使用上の注意

 

植物成分を配合してるので基本的に一個で一か月分という内容量なんですね。

 

肌に合わなかった場合のことや、目に入った時のこと、保管方法などについての色んな注意事項が記されています。

 

品質保証についても記載されていますね。

他の人の口コミや評判もご紹介

悪い口コミ

 

 

量が少ない割りに値段が高い。
コスパが悪い??
ニオイは自分的にはアリかなという感じです…。


 

 

 

インスタとかツイッターだったかな?、あと広告とかで見て買ってみたけど、
モテてるとか実感としてわかりません。
香りも想像より弱いと思う。
ちょっと付けたぐらいではかなり近づかないとニオイに気づかないかと。


 

 

いい結果を得られた男性の口コミ

 

 

僕はどちらかというと口下手な方です。
あまり自分に自信がないというのが理由なんでしょうね。
でそのまま年を重ねて今に至るという感じです。
ボディセンスは最初は面白半分で使ってみました。
でも使い続けていくうちいに、少しづつですがだんだんと自分に自信が付いてきたような感覚になってきて。
その後です。
会社の後輩の女性から食事に誘われたんです。
その子とは今もいい感じでお付き合いしています。
ボディセンスをつけてデートしていますよ。
(30代会社員男性)


 

 

 

僕は自分でいうのもなんですが、そんなに見た目も悪くないと思っています。
でも女性経験は少ないです。
あまり積極的ではない性格が原因だと自分でもわかっています。
それでも時々は誘われて合コンなんかにも行ったりしていました。
もちろんいいことは少なかったです。
そんな中ボディセンスの事を友達に聞いたんです。
まず自分でも香りが気に入ったんですよね。
付けていると心地いい感覚があって、何となく自信が持てるようになったというか、お守りのような感覚でしょうか。
でその少し後に参加した合コンで今の彼女と出会ったんですよね。
ボディセンスパワーなのかもしれません。
(20代男性)


 

 

アマゾン、楽天で買えるの?ボディセンスの販売店は?

よし、ボディセンスが欲しい。と思ったら、次に考えるのはどこの販売店で通販しようかなということですよね。

 

もちろん使ってみて気に入ればいいですが、そうでない場合、安い買い物ではありません。

 

できるだけ安くお得に購入したいところです。

 

まず思うのは、アマゾンamazonや楽天市場には売っていないのかということ。

 

ボディセンスはアマゾンamazonでも取り扱いがありますし、先ほどチェックしてみたら楽天市場のお店の中にも取り扱いのある通販店がありますね。

 

でも楽天市場での取扱店はかなり割高ですし、アマゾンamazonも一見安くてお得だって思うのですが、最安値ではないのでご注意ください。

 

先ほど調べてみました。お値段を書いておきますね。購入の目安にしてみてください。

 

Amazon 7千円台(一か月、4グラム)
楽天市場 9千円台(一か月、4グラム)

※ざっとこの辺りの価格帯ですが、価格は変動すると思われます。正確なお値段をお知りになりたい時はその都度ご確認される方がよろしいかと思います。

 

※一番お得に買えるのはやっぱりこちらになります。
→ 恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

 

最安値で買うには

結論から申しますと、一番お得な購入方法は公式サイトからの定期コースでの注文です。

 

やっぱりなんか本物を公式サイトから買いたいなんて心理もあったりしますからね。安心感もあります。
(偽物とかあるのか知りませんが。)

 

でも公式サイトからの定期コースからの購入が最安値だということはわかるんだけど、まだ使ってもいないし、気に入るかどうかわからないのに定期コースで申し込むのはちょっと躊躇してしまうな…っていう人って多いと思います。

 

当然ですよね。実際僕もそうでしたし。

 

定期コースの解約の方法

で定期注文がお得なのは分かるだけど、気になるは、定期コースの解約の方法とか、定期縛りとかってあるのか?といういうことですよね。

 

最近多いです。何回までは購入を続けなくてはいけないといういわゆる“縛り”ですよね。

 

こちらのボディセンスにつきましては、解約できます。解約をしたい場合、電話かメールで2週間前に伝えればいいだけです。

 

定期コースは、商品が要らないと感じたら二回目からでも解約することができます。

 

つまり一度切りの購入も手続きをすれば可能だということ

 

連絡すればいいだけです。

 

何回かは必ず購入しなければならないというお約束のようなものはありません。それがないのはやっぱり購入へのハードルは下がります。安心ですよね。

 

あと前述しましたが、注意しなければならない点があります。
それは次回お届けの2週間前までに解約の旨を伝える必要があるということです。

 

この辺りについての正確な情報も変更される場合があるので、公式ショップサイトでご確認ください。

 

→ 恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

 

ボディセンスってドン・キホーテで売ってる?

あとネットの情報でちらっと見たのですが、ボディセンスってドン・キホーテに売ってるんじゃないの??という情報。

 

ドン・キホーテ

 

あの激安の殿堂、生活にまつわるあらゆるものが雑多に激安で売っているディスカウントストアです。

 

もしボディセンスの取り扱いがあったらドン・キホーテなら他店より割安で買えそう…とか思いますよね。

 

僕も時々最寄りのドン・キホーテに行くことがあります。必要なものがあったり、安い!と思うものをピックアップして買ったりしています。

 

でボディセンスもあるのかな…と思って車を20分ほど走らせて偵察に行ったのですが、取扱いはありませんでした。香水コーナーとかをくまなく探したのですが。

 

ということでドン・キホーテではボディセンスは売っていませんでした。

 

ネットで通販するしかないようです。

 

ボディセンスの僕の口コミ感想、まとめ

ボディセンス最近いつも使っています。

 

大体毎日つけています。最近暑いので特に。体臭も気になるので。

 

女性ウケもいいと思います。
実際つけた方がモテるような気がします。

 

でも付けていると自分でも心地いいのでもしかしたらその影響もあるのかもしれません。

 

あと楽しいです。
人と会う時、女性がいる時には欠かさずしっかりめにつけて外出します。

 

ボディセンスは小さいくて軽いので持ち運びにも便利ですし。デートや合コンなら直前にトイレで付けるなんてこともできます♪

 

つけないよりワクワク感が増します♪反応を楽しめるというか。

 

でも思うんですよね。
これ付けてちょっと自信がつけばいいなって。
それだけでも違うと思います。
お守り的に信じ込めばいいかなって。

 

自分に自信を持っている男の人に女性って惹かれる傾向ってあるので。
もちろん偉そうに振る舞うとかそういうことじゃなくて。
そういう潜在的な意識って異性に伝わるような気がするんですよね〜
自分に自信なさげな男ってだいたいモテません。(自分の経験上)

 

だからボディセンスつけて女性の前で堂々と振る舞いましょう♪
そうすればモテる…なんて思っています。

 

必ずいい結果が待っていると♪

 

情報は変わることがあります。正確な情報は公式サイトでご確認ください
→ ソシアがお届けする、練り香水「ボディセンス」